公募美術団体 一般社団法人 旺玄会

公募美術団体 旺玄会は公募展「旺玄展」への出品者を募集しております。

OHGENKAI
出品のお申し込み お問合せ
  • HOME
  • 旺玄会略史
  • 会員・作品紹介
  • 展覧会
  • 公募について
  • 絵画研究
  • 本部・支部連絡先
  • TOPICS
  • 法人公告
  • リンク
  • 公募美術団体 法人公告
    法人広告
    理事長挨拶
    組織
    定款
    事業報告
    理事長挨拶
    代表理事ご挨拶 代表理事理事長 松田 敬三
     本年は、東京キ美術館の会期・展示室更新の年に当たっており、弊会は、向こう5カ年間、5月20日より27日まで、ロビー階第1〜第3展示場での開催となりました。
     その初年度に当たる第83回旺玄展は、お陰様で一段と作品水準の向上が見られ、ご来場のお客様からも大変高く評価されました。
     特に、昨年話題となりました「小品に見る作家の横顔」に続く、テーマ性のある小品による企画展「わがふるさとの山河」は、予想を上回る人気を呼び、専門家筋を含む非常に多くのお客様からお褒めを頂きました。
     評価の背景として、「わがふるさとの山河」という親しみ易いテーマであったこと、全国19の支部から推薦された作家の競作であることに加え、作家がその思いをキャプションに書き綴ったコメントもまた、お客様の共感を頂く材料となったように思われます。
     小品の展示は、他の会にも見られますが、多くは大作の描けない入門者に門戸を開くといった性格のものが多い中で、大作を制作する作家が、小品を通じてその作家のもう一つの側面を披露するという方式は、観る側の興味をそそるだけで無く、作家によっても、新たな挑戦目標となることから、今後とも継続して参りたいと考えております。
     今回の展覧会で、もう一つ喜ばしい現象として、一般出品者の増加が見られました。特に初出品者の著しい増加があり、またその構成も、10歳代、20歳代という若手作家の増加と共に、最高年齢81歳まで、幅広い年齢層をカバーしての出品でした。
     加えて、最近の傾向として、出品作品に、従来の旺玄会になかった新しい傾向の作品が見られるようになってきたことがあり、作品ジャンルの幅が広がりつつあります。
     このところ、美術団体全般の傾向として、高齢化と若年層の公募展離れが指摘されておりますが、今年の旺玄展では、そうした懸念を払拭させる兆候が現れており、今後ともこの傾向を持続できるよう、努力して参りたいと考えております。
     この点につきましては、ここ数年、「画の探求、我の調和」の旗印のもと、若年層から年長者まで、相互に切磋琢磨する地道な努力を継続してきたことが、徐々に浸透しつつある結果では無いかと、密かに手応えを感じているところであります。
     その他、前年に比して顕著な傾向として一日当たり観客の増大が挙げられますが、その中には、東京キ美術館主催のブリューゲル展との同日観覧、折から修学旅行中の中・高生による数多くの来訪等もあり、ロビー階ならではのメリットも見られました。
     このように、第83回旺玄展では、様々な明るい材料の芽生えが見られましたが、弊会と致しましては、こうした傾向が持続発展に繋がりますよう、一層の努力を傾けて参りたいと考えておりますので、今後とも暖かくご注目下さいますよう、お願いいたします。
    このページのTOPへ